×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

比較調査,SBI損保,見積もり

安い自動車保険

2014年3月末日に代理店型自動車保険の期限完了に伴い、自動車保険切り替えを行いました。
この際、テレビCMや巷で囁かれている通販型(ダイレクト)自動車保険への乗換えを調査した経過と結果をお知らせします。

 

調査は先ず、
「通販型自動車保険」「ダイレクト自動車保険」の言語を軸に
「ランキング」「保険料ランキング」「安い」「最安値」「比較検討」「見直し」・・・など様々な検索をインターネットで
調査しましたが共通する結果には至りませんでした。
調査した各サイトでそれぞれが、意図を持ったサイトのようで正確な解答が得られませんでした。

 

そこで調査中に各サイトに「無料一括見積もりサービス」というネットサイトの存在を知り自ら調査を行うことにしました。

 

「無料一括見積もりサービス」とは・・・

数十社に及ぶ通販型自動車保険会社から私が希望する条件に適合する通販型自動車保険会社を数社に絞込みを行い見積書を
開示してくれるサービスです。つまり、ここで30社余りの通販型自動車保険会社を数社に仕分けが完了している状態です。
この「無料一括見積もりサービス」がネット上に複数あることから無料と名の付くものを、無差別で5サービス抜粋し、
同一条件で一括見積もりを行ってみました。(保険会社の比較検討のため同一条件で調査しました。)

経過・・・
通販型自動車保険会社「A」の見積もりが全ての一括見積もりサービスで同額ではなく、サービスやキャンペーンプレゼント等に
多少のズレ?があり、共通ではないことが判明!保険会社と無料一括見積もりサービス間での契約?が多少違うのかもしれません。
このような契約状況が異なる通販型自動車保険会社は複数存在し、通販型自動車保険会社の選択だけではなく、
「無料一括見積もりサービス」の選択も同時進行するべきだということが判明しました。

 

その結果、私が希望する条件で最安値を付けたのは「SBI損保」でした!
しかし、これはあくまでも私の望む条件下での結果です。違う条件では違う通販型自動車保険会社が浮上することは十分考えられます。
各通販型自動車保険会社により、展開するサービスの着眼点が異なり条件により有利になる通販型自動車保険会社が異なるようです。

 

ちなみに、「無料一括見積もりサービス」5サービスを活用して請求などは一切なかったことをお知らせします。

 

 

昨年、代理店型自動車保険で1年間に支払った保険料金は8万数百円からの差額でした。
「無料一括見積もりサービス」を利用し、「SBI損保」と契約に至りましたが、
1年間の保険料は4万1千数百円でした。

 

約4万円の節約に成功したことになります。

 

ちなみに、契約した無料一括見積もりサービスは「NTTイフ」でした!プレゼントキャンペーンを実施しているのが決め手でした。

 

我が家の自動車保険料は昨年比の半額に削減できたという実話でした。

私事ですが、来年自動車免許を取得するであろう息子の加入を考えると安心材料となりました。

私が利用した「無料一括見積もりサービス」を紹介しましょう!

 

無料一括見積もりサービス

保険スクエアbang!

ズバット自動車保険比較

自動車保険見積もりのインズウェブ

    

比較.com「自動車保険一括見積り」

   自動車保険一括見積り

「価格.com自動車保険」

  価格.com 自動車保険

楽天自動車保険一括見積もり